調査・統計

統計・調査

栃木県による地域購買動向調査(お買い物しらべ)

調査目的/県内消費者の購買動向を的確に把握するため、消費者の購買動向範囲などを調査し、地域小売業者の経営の活性化のための基礎資料とする。

お買い物しらべ

栃木県中小企業景況調査

調査目的/中小企業景況調査は、全国の商工会地域8,000社に経済観測点を設置し、地域の産業の状況等、地域の経済動向等について、一定期間ごとに変化の実態諸情報を迅速かつ的確に収集・提供する。

栃木県中小企業景況調査

商工会員中期施策要望調査

調査目的/商工会員の要望を直接調査することで、今後の商工会の進むべき方向性を決定する。

商工会員中期施策要望調査

地域生活者(暮らし・意識)調査

調査目的/地域の実態を調査し、今後の施策に反映させることを目的とする。また、地域生活者の細かいニーズを知ることによって、新たな事業展開等を探り、自店の強み・弱みを生活者の視点から客観的に評価する。

●地域生活者アンケート調査

全体結果 

ブロック別集計

第2ブロック商工会別集計

飲食店における新商品開発アンケート調査

本調査は、経営発達支援計画の需要動向調査として実施し、矢板市内の飲食店における新商品開発の基礎資料とすることを目的としています。
今回は、多くの飲食店でメニューとしている、カレーライスとラーメンについて調査しました。

飲食店における新商品開発に関するアンケート調査の要約

飲食店における新商品開発に関するアンケート調査報告書

地域経済動向調査 矢板市

本調査は、地域の消費者及び小規模事業者を取り巻く外部環境を把握し、小規模事業者の経営状況の分析や事業計画の策定の際における指標として活用することを目的とする。

地域経済動向調査報告書 矢板市

中心市街地空き店舗調査

調査目的/中心市街地の空き店舗状況を随時把握する。
2016年12月現在

空き店舗物件詳細

中心市街地空き店舗一覧

中心市街地通行量調査

本調査は、経営発達支援計画における地域経済動向調査として実施し、重点支援対象事業者である中心市街地の人・車の流れを的確に把握するため、中心市街地を主とし通行量調査を行い、今後の事業展開に有益となる情報提供のための基礎資料作りを目的としている。

中心市街地通行量調査報告書

若年層地域購買動向調査

本調査は、経営発達支援計画における需要動向調査として実施し、当該地域には高等学校が3校あり、高等学校生の往来が多いという地域特性があるため、若年層の購買動向を調査分析することにより、当商工会地域の事業者に対し、今後の事業展開に有益となる情報を提供するための基礎資料作りを目的としている。

若年層地域購買動向調査

栃木県中小企業景況調査

本調査は、全国の商工会地区に地域経済観測点を設置し、地域の産業の状況や経済動向等について、一定時期ごとに変化の実態諸情報を迅速かつ的確に収集・提供して、経営改善普及事業の効果的実施に資するものとする。

10月〜12月景況調査

平成28年栃木県観光客入込数・宿泊数推定調査

本調査は、県内の観光客入込数及び宿泊数を推計し、観光客の動向を把握するとともに、本県観光施策の基本資料とすることを目的に、栃木県が実施。

概要版

詳細版

平成28年栃木県観光動態調査

本調査は、栃木県を訪れる旅行客の流動実態について、観光庁が策定した「観光入込客統計に関する共通基準」、「観光入込客統計に関する共通基準調査要領」等に基づき、栃木県を訪れる観光客に対するアンケートを行い、栃木県の観光実態を把握し、観光動向を分析する。

概要版

平成28年経済センサス 活動調査


要約

結果の概要

関東経済産業局発表 管内の経済動向(10月のデータを中心として)

関東経済産業局が12月18日に発表した「管内の経済動向(10月のデータを中心として)」の概要は、以下のとおりです。



生産活動は、化学工業(除.医薬品)をはじめ8業種で低下したことから、3か月ぶりの低下となった。
個人消費は、百貨店・スーパー販売額が5か月ぶりに前年同月を下回った。コンビニエンスストア販売額は56か月連続で前年同月を上回った。
また、雇用情勢は、有効求人倍率が上昇するなど、総じてみると管内経済は、緩やかに改善している。
今後については、国際情勢や金融市場の動向が国内経済に与える影響について留意する必要がある。

詳細はこちら

あしぎん経済概況 1月号

株式会社あしぎん総合研究所は、1月17日に「経済概況1月号」を公表しました。

概要は以下のとおりです。

雇用情勢は緩やかな回復、個人消費、設備投資、公共投資は持ち直しの動きを示している。
一方、住宅投資、生産活動は横ばい圏の動きとなっている。
総じてみると、県内経済は持ち直しの動きとなっている。

詳細はこちら

外食産業市場動向調査結果(12月分)について

一般社団法人日本フードサービス協会は協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査平成29年12月度の集計結果をまとめました。
「外食産業市場動向調査」は新規店も含めた「全店データ」を業界全体及び業態別に集計し、前年同月比を算出しております。


<外食市場 12月の動向>
クリスマス・忘年会など年末需要が堅調、売上は前年を上回る
比較的天候が安定していた上、クリスマス等のフェアや期間限定メニューで客単価が高くなり、売上が増加したケースが多い

詳細はこちらからご確認ください

外食産業市場動向調査結果(12月分)